『NHKおはよう関西』で放送されました!
『農業ビジネスマガジン Vol.4』に掲載していただきました!

Monthly Archives: 7月 2013

和花菜農園様 シールデザイン

wakana

40mm×40mm/1c/5,000枚

 

和歌山で有機栽培をされている

和花菜農園様。

そろそろ出荷になるこのオクラは、地元の高級スーパーで人気とのことです。

有機ですので本当に手間暇をかけて育ててらっしゃいます。

他にもお米も育てておられるそうです。

産消提携倶楽部ふうど』という有機栽培をされているグループでも活動されています。

毎週火曜日と金曜日には地元の診療所やカフェで直販市も開催し販売されています。

 

お会いしてお話を聞かせて頂き感じたのは

本当に熱い想いで有機に取り組まれていることでした。

その熱い想いをシールに反映出来ればと

少しゴツゴツしたイメージですがパンチの聞いた画面構成に致しました。

どうしても有機というとナチュラルな可愛らしいイメージになりがちですが、

有機栽培をされている農家さんたちを見ると、

とても力強く熱い想いで取り組まれています。

ナヨナヨしたイメージではなく、

大地から湧き出る力強く優しい想いを

表現致しました。

 

 

角一(かどいち)様 シールデザイン

kadoichi

40mm×40mm/1c/5,000枚

 

和歌山県日高郡日高川で農家を継いで果樹や野菜を育てていらっしゃいます

角一(かどいち)様。

元々ご夫婦でプラスチックの工場を経営されていましたが、

お歳を重ねたこともありリタイアし、ご実家の農家を継がれたそうです。

昔から使用されていた屋号の「角一」をロゴと捉えイメージを作成致しました。

 

新鮮さを全面に押し出し、屋号もしっかり見せることで

消費者に安心を伝えることができます。

古臭いイメージにならないようにしながらも

代々、畑が伝わってきた、というイメージを持たせられるように

毛筆で屋号を描きました。

少しの微調整でイメージが変わりますので

多少こだわりのビジュアルになっております。

 

 

のうやん農園様 シールデザイン

nouyan

40mm×40mm/1c/5,000枚

 

和歌山県日高郡日高川にある白馬山麓で果樹や野菜を育てていらっしゃいます

のうやん農園様。

この地域はやはり南国ですので太陽がたっぷり降り注ぎます。

特にこの白馬山麓は美味しいミカンなどが出来るそうです。

そのイメージをキャッチコピーに選びました。

のうやん農園様はウスイエンドウも作られていおりますので

野菜と果樹、両方に使用出来るシールを作成致しました。

シールのタイトルを考えるときに

「このへんでは”のうやん”ってアダ名で通ってるんや」と仰っていましたし

お人柄も、笑顔の優しい方でしたので

その親しみのあるアダ名を採用致しました。

 

そのイメージを創り出すのに、有り物のフォントデータを使用すると

味気ないので、久しぶりに毛筆道具を引っ張りだし、

自分で筆を走らせ書いてみました。

上手く人柄が消費者に伝わるように。

 

 

アトリエ里山様 シールデザイン

tokuda

40mm×40mm/1c/5,000枚

 

和歌山県日高郡日高川で陶芸家としてご活躍されている徳田様

能の演目でも有名な道成寺のある里山へ奥深く車を進めると

見上げた先に畑に囲まれたアトリエがあります。

 

打ち合わせをさせていただいた時も

陶芸教室中でした。

見学させていただきながらお話を聞いていると

「陶芸も野菜づくりも同じ」と。

ものすごく丁寧に丁寧に土と向き合う姿に

あ、この姿勢を消費者へ伝えようと!直ぐにイメージが浮かびました。

 

そしてアトリエの横には大きな木が有りとても印象的な仕上がりになるなぁと

帰りの車の中ですでにデザインが出来上がったのでした。

 

徳田様のHP http://www.zc.ztv.ne.jp/b5ry3ivf/ です!

体験で陶芸教室もされています。

IMG_7170

お近くの方で陶芸に興味のある方はギャラリーもありますので

是非覗いてみてくださいね。

IMG_7178

因みに工房は遠くの山々を眺めながら手作りの階段を下へと降りて行きます。

その景色にも心がざわめく、そんな素敵な場所です。

 

 

ぼんまるしぇNakayama様 シールデザイン

nakayama

45mm×35mm/1c/5,000枚

 

千葉県から弊社のホームページをご覧頂きご依頼いただいた「ぼんまるしぇNakayama様 」

娘さんのご病気がきっかけで食に興味を持たれ、

脱サラをし農業を始められたそうです。

厳選に厳選を重ねて選んだ品種のトマトを育てていらっしゃいます。

土地消毒などもせず、極力農薬も使用しないで育てたこだわりの想いを

消費者に伝えられるシールを考えました。

特に「小さな農家です」を、あおり文句(一番、目を引かせるキャッチコピーのこと)にし

小さいからこそ全てに心遣いが行き届いていますよ、というイメージに仕上げました。

全体の雰囲気はナチュラル感が出るような色使いに致しました。しかしあまり泥臭くなりすぎると

野暮ったくなりますので、野暮たくならずに土臭さも出すという

ぎりぎりの落とし所を探し作成致しました。

 

野菜づくりに本当に心から取り組まれているNakayama様。

ご本人のメセージもこちら「生産者広場(現在校正中)」に掲載しておりますので

是非御覧ください。

 

 

土井ちゃん 様 シールデザイン

doichan

50mm×50mm/1c/5,000枚 ●生産者様広場

 

和歌山は下津町で代々続くみかん農家さん。

紀州徳川家の菩提寺“長保寺”の近くで、

古い歴史と豊かな自然の中で柑橘を栽培しておられます。

おいしいみかんを食べてもらいたくて、

柑橘それぞれの旬の味を大切に、

木成り完熟にこだわって出荷されています。

 

「大事な箱入り娘を嫁に出すような」

そんなイメージで作成致しました。