『NHKおはよう関西』で放送されました!
『農業ビジネスマガジン Vol.4』に掲載していただきました!

Posts in Category: 生産者様

神代農園様 シール・ラベルデザイン

kamishiro(左)シール:Ø70mm/1c  (右)ラベル:70×100mm/フルカラー

淡路島からHPをご覧いただきご依頼頂きました

神代(こうしろ)農園様。

神戸のスーパーで弊社で作成させていただいたデザインを見て頂き

ご依頼を頂きました。

そのときはきゅうりを買っていただいたらしいいのですが、

後日トマトにも同じシールが貼っていて、

同じ生産者が作ったものだとわかったそうです。

それでご自身もそういったデザインが欲しい、ということで

お電話を頂き、本当に丁寧なお手紙も頂きました。

 

淡路島の玉ねぎとレタスはやはりブランドですので、

その地域イメージを全面に押し出すデザインを作成いたしました。

デザインを納品させていただいたら直ぐにお礼にと

今度もまたすごく丁寧なお手紙と玉ねぎとレタスを送って頂きました!

kamishiroretasu001

kamishirotamanegi001

やっぱりおいしかったです!!!

レタスはチャーハンにして火を通してもシャキシャキ感がすごく、

玉ねぎは生でも美味しいですが、さっと火を通しステーキにして

なにもつけずに頂きました!

あっという間に無くなりました(笑

 

先日「デザインのおかけで目立ち、売れ行きもよく、新規の取引先も増えた」と

とても嬉しいお言葉も頂きました!

お力に慣れて嬉しいです!

 

 

 

龍田農園様 シールデザイン

tatsuta Ø50mm/1c

和歌山県は美人の湯で有名な龍神温泉がある龍神村の

龍田農園様。

地元の直売所で弊社でさせていただいた方のシールを見て

ご依頼を頂きました。

 

若くパワフルなご夫婦でバリバリと作っておられます。

県内でも中心部へ出荷されていますので、

少しでも「龍神村」という字面も特別な場所のアピールをかねた

イメージをと、作成いたしました。

2案お作りした所、なんと2案とも気に入って頂きました!

 

 

八津谷農園様 シールデザイン

yatshutani 40mm×40mm/1c

和歌山県でピュアホワイトというトウモロコシを生産されている、

八津谷(やつたに)農園様。

地元で講演させていただいた時に出逢いご依頼を頂きました。

北海道で主に生産されており、地元でも生産しているのは珍しいそうです。

というのも、自分の畑の回りに普通の黄色いトウモロコシがあると

直ぐに影響され、黄色になってしまうということです。

とてもデリケートです。

 

しかし!

生で食べられてとても甘くて美味しいです!

 

ただでさえ売り場で目立つ白い色のトウモロコシなのですが、

さらにアピールするために、シールもトウモロコシの頭にピタッと合うように

三角にしてみました。

面白いアピール方法になったかと思います。

でやま農園様 シールデザイン

deyama Ø50mm/1c/

千葉県でご夫婦でスイカやトウモロコシを生産されている、

でやま農園様。

HPからご依頼を頂きました。

有機にこだわり旬のものを旬の時期に、収穫して直ぐにお届けする!という

かっこいいスタンスで頑張っておられます!

以前ブログでご紹介させていただきましたが

立派なスイカを送っていただきました!

その模様はこちらです→「スイカをいただきましたー!

 

元気いっぱいで楽しくワクワクするお二人のキャラクターが

電話やメールからも伝わってきました。

それをシールに出来ればいいなぁと思い

作らせていただきました。

 

その元気いっぱいで本当に楽しいお二人のfacebook

ご紹介させていただきます!

是非一度覗いてみてくだだいね。

榎木様 シールデザイン

enoki

40mm×40mm/1c/10,000枚

 

和歌山県は御坊市に流れる清流日高川。

その日高川のほとりで生産されております

榎木様のシールをデザインさせていただきました。

 

大切にしたいイメージは勿論

清流日高川のイメージです。

 

それをダイレクトに表し、尚且つ目を閉じれば

消費者に、日高川の景色が浮かぶような

そんなデザインを!と作成致しました。

 

自画自賛で恐縮ですが、

とても美味しそうなデザインに仕上がったと思います。

 

 

森崎果樹園様 シールデザイン

morisaki

40mm×40mm/1c/10,000枚

 

HPをご覧いただき、長崎からご依頼を頂いた

森崎果樹園様。

インターネット・業者販売・イベント・直売所・スーパーなどで販売されていますが

その中で透明の袋で販売する直売所などが競争が激しいということで、

ブランド力を高め、自宅(直売)販売につなげて全国発送(地方)に結びつけられるようにと

お話を頂きました。

 

長崎島原の景色を伝えられるようなデザインをイメージ致しました。

暖かく甘いイメージを添えて。

 

野崎様 シールデザイン

nozaki

40mm×40mm/1c/100,000枚

 

和歌山は御坊市の専業農家の野崎さん。

とても明るい堀様のご紹介でシールを作らせていただきました。

そしてまたこちらの野崎さんもとても明るく元気な奥様で

色々とお話をさせていただきました。

そのお話の中で、この辺りは本当に暖かく、霜も年に一回降りるかどうか。

と、教えて頂きました。

そのイメージを全面に押したデザインを作らせていただきました。

また、他府県へ出荷されているので「紀州」という言葉を入れ、

最後まで迷ったのですが「日高産」という詳しい地名も入れました。

「日高」という名前は一般的には知名度も低いので「紀州」だけでも良かったのですが、

あえて入れることでグッと消費者に産地をイメージさせることも出来ると考え、

表記致しました。

 

ここ野崎さんのご自宅や畑も、本当に黒潮の海の側で

とても暖かい風が通り抜けます。

 

 

堀様 シールデザイン

hori

40mm×40mm/1c/10,000枚

 

和歌山は御坊市の専業農家の堀さん。

とても明るく元気な奥様で、初回の打ち合わせでどっぷり話し込んでしまいました(笑

最初にお会いした時の、その印象をそのままシールにしたい!と思い、イメージを作りました。

 

いろいろな野菜を、黒潮の波が香る場所で作られています。

ご自宅を出たらすぐそこは海。

暖かい太陽と潮風が育てた野菜。

先日頂きましたが絶品でした☆(その詳しい模様はこちらをご覧ください!)

 

和花菜農園様 シールデザイン

wakana

40mm×40mm/1c/5,000枚

 

和歌山で有機栽培をされている

和花菜農園様。

そろそろ出荷になるこのオクラは、地元の高級スーパーで人気とのことです。

有機ですので本当に手間暇をかけて育ててらっしゃいます。

他にもお米も育てておられるそうです。

産消提携倶楽部ふうど』という有機栽培をされているグループでも活動されています。

毎週火曜日と金曜日には地元の診療所やカフェで直販市も開催し販売されています。

 

お会いしてお話を聞かせて頂き感じたのは

本当に熱い想いで有機に取り組まれていることでした。

その熱い想いをシールに反映出来ればと

少しゴツゴツしたイメージですがパンチの聞いた画面構成に致しました。

どうしても有機というとナチュラルな可愛らしいイメージになりがちですが、

有機栽培をされている農家さんたちを見ると、

とても力強く熱い想いで取り組まれています。

ナヨナヨしたイメージではなく、

大地から湧き出る力強く優しい想いを

表現致しました。

 

 

角一(かどいち)様 シールデザイン

kadoichi

40mm×40mm/1c/5,000枚

 

和歌山県日高郡日高川で農家を継いで果樹や野菜を育てていらっしゃいます

角一(かどいち)様。

元々ご夫婦でプラスチックの工場を経営されていましたが、

お歳を重ねたこともありリタイアし、ご実家の農家を継がれたそうです。

昔から使用されていた屋号の「角一」をロゴと捉えイメージを作成致しました。

 

新鮮さを全面に押し出し、屋号もしっかり見せることで

消費者に安心を伝えることができます。

古臭いイメージにならないようにしながらも

代々、畑が伝わってきた、というイメージを持たせられるように

毛筆で屋号を描きました。

少しの微調整でイメージが変わりますので

多少こだわりのビジュアルになっております。