『NHKおはよう関西』で放送されました!
『農業ビジネスマガジン Vol.4』に掲載していただきました!

Posts Tagged: 生産者ラベル

blog

まると農園様 シールデザイン

maruto

40mm×40mm/2c/5,000枚

 

奈良県からHPをご覧いただきご依頼を頂戴しました、まると農園様。

有機でこだわってお作りになっております。

有機のこだわりと、奈良の風景を消費者に届けたいとの想いをお聞かせ頂き

デザイン致しました。

このイメージにリンクさせて名刺も作成させていただきました。

 

日本人の心に残る在りし日の夕凪の中

大切に育てられた作物が揺れています。

消費者に心を届ける1枚となりました。

 

宮本農園様 シールデザイン

miyamoto

40mm×40mm/1c/10,000枚

 

和歌山県日高郡日高川で農家をされております、宮本農園様。

またまた、以前デザインをさせていただいた紀州えどや様よりのご紹介です。

ご夫婦でミカンなどを大切に作られております。

遠く離れて自立された子供さん達へミカンを送ると

周りの人がびっくりするほどおいしい!といって

注文が来るそうです。

僕も頂きましたが、いやぁ。たまげました(笑

和歌山と言ったら有田みかんが有名ですが、

少し南のこのエリアもまた格別美味い!

 

奥様も足が少し不自由なのにも関わらず、いつも玄関先まで出てきてくださり

楽しいお話をしていただきます。

 

人柄はその生産物に反映するのだなぁと

つくづく感じた、やさしく甘いミカンです。

 

榎木様 シールデザイン

enoki

40mm×40mm/1c/10,000枚

 

和歌山県は御坊市に流れる清流日高川。

その日高川のほとりで生産されております

榎木様のシールをデザインさせていただきました。

 

大切にしたいイメージは勿論

清流日高川のイメージです。

 

それをダイレクトに表し、尚且つ目を閉じれば

消費者に、日高川の景色が浮かぶような

そんなデザインを!と作成致しました。

 

自画自賛で恐縮ですが、

とても美味しそうなデザインに仕上がったと思います。

 

 

森崎果樹園様 シールデザイン

morisaki

40mm×40mm/1c/10,000枚

 

HPをご覧いただき、長崎からご依頼を頂いた

森崎果樹園様。

インターネット・業者販売・イベント・直売所・スーパーなどで販売されていますが

その中で透明の袋で販売する直売所などが競争が激しいということで、

ブランド力を高め、自宅(直売)販売につなげて全国発送(地方)に結びつけられるようにと

お話を頂きました。

 

長崎島原の景色を伝えられるようなデザインをイメージ致しました。

暖かく甘いイメージを添えて。

 

野崎様 シールデザイン

nozaki

40mm×40mm/1c/100,000枚

 

和歌山は御坊市の専業農家の野崎さん。

とても明るい堀様のご紹介でシールを作らせていただきました。

そしてまたこちらの野崎さんもとても明るく元気な奥様で

色々とお話をさせていただきました。

そのお話の中で、この辺りは本当に暖かく、霜も年に一回降りるかどうか。

と、教えて頂きました。

そのイメージを全面に押したデザインを作らせていただきました。

また、他府県へ出荷されているので「紀州」という言葉を入れ、

最後まで迷ったのですが「日高産」という詳しい地名も入れました。

「日高」という名前は一般的には知名度も低いので「紀州」だけでも良かったのですが、

あえて入れることでグッと消費者に産地をイメージさせることも出来ると考え、

表記致しました。

 

ここ野崎さんのご自宅や畑も、本当に黒潮の海の側で

とても暖かい風が通り抜けます。

 

 

堀様 シールデザイン

hori

40mm×40mm/1c/10,000枚

 

和歌山は御坊市の専業農家の堀さん。

とても明るく元気な奥様で、初回の打ち合わせでどっぷり話し込んでしまいました(笑

最初にお会いした時の、その印象をそのままシールにしたい!と思い、イメージを作りました。

 

いろいろな野菜を、黒潮の波が香る場所で作られています。

ご自宅を出たらすぐそこは海。

暖かい太陽と潮風が育てた野菜。

先日頂きましたが絶品でした☆(その詳しい模様はこちらをご覧ください!)

 

和花菜農園様 シールデザイン

wakana

40mm×40mm/1c/5,000枚

 

和歌山で有機栽培をされている

和花菜農園様。

そろそろ出荷になるこのオクラは、地元の高級スーパーで人気とのことです。

有機ですので本当に手間暇をかけて育ててらっしゃいます。

他にもお米も育てておられるそうです。

産消提携倶楽部ふうど』という有機栽培をされているグループでも活動されています。

毎週火曜日と金曜日には地元の診療所やカフェで直販市も開催し販売されています。

 

お会いしてお話を聞かせて頂き感じたのは

本当に熱い想いで有機に取り組まれていることでした。

その熱い想いをシールに反映出来ればと

少しゴツゴツしたイメージですがパンチの聞いた画面構成に致しました。

どうしても有機というとナチュラルな可愛らしいイメージになりがちですが、

有機栽培をされている農家さんたちを見ると、

とても力強く熱い想いで取り組まれています。

ナヨナヨしたイメージではなく、

大地から湧き出る力強く優しい想いを

表現致しました。

 

 

角一(かどいち)様 シールデザイン

kadoichi

40mm×40mm/1c/5,000枚

 

和歌山県日高郡日高川で農家を継いで果樹や野菜を育てていらっしゃいます

角一(かどいち)様。

元々ご夫婦でプラスチックの工場を経営されていましたが、

お歳を重ねたこともありリタイアし、ご実家の農家を継がれたそうです。

昔から使用されていた屋号の「角一」をロゴと捉えイメージを作成致しました。

 

新鮮さを全面に押し出し、屋号もしっかり見せることで

消費者に安心を伝えることができます。

古臭いイメージにならないようにしながらも

代々、畑が伝わってきた、というイメージを持たせられるように

毛筆で屋号を描きました。

少しの微調整でイメージが変わりますので

多少こだわりのビジュアルになっております。

 

 

のうやん農園様 シールデザイン

nouyan

40mm×40mm/1c/5,000枚

 

和歌山県日高郡日高川にある白馬山麓で果樹や野菜を育てていらっしゃいます

のうやん農園様。

この地域はやはり南国ですので太陽がたっぷり降り注ぎます。

特にこの白馬山麓は美味しいミカンなどが出来るそうです。

そのイメージをキャッチコピーに選びました。

のうやん農園様はウスイエンドウも作られていおりますので

野菜と果樹、両方に使用出来るシールを作成致しました。

シールのタイトルを考えるときに

「このへんでは”のうやん”ってアダ名で通ってるんや」と仰っていましたし

お人柄も、笑顔の優しい方でしたので

その親しみのあるアダ名を採用致しました。

 

そのイメージを創り出すのに、有り物のフォントデータを使用すると

味気ないので、久しぶりに毛筆道具を引っ張りだし、

自分で筆を走らせ書いてみました。

上手く人柄が消費者に伝わるように。